文林堂の歩み

 

年月日

代表者

出来事

寛永9年(1632) 初代:
源兵衛
細川家御用染物師として細川忠利公と共に小倉より熊本に来住。出自は丹後国田辺(現京都府舞鶴市)
明治10年(1877) 八代:
總次郎
西南戦争により家屋焼失。染物業を廃業(明治末期まで一部存続)
明治10年(1877) 初代:
(第八代)
總次郎
11月3日「文林堂」創業(初代:丹邉總次郎  第一回熊本市議会議員)
明治40年(1907) 欧米より文具直輸入
大正10年(1921) 米国ウォーターマン万年筆代理店
英国ペリーペン会社日本代理店
徳富蘆花の小説「富士」に登場
昭和3年(1928) 二代:
丹邉總次郎(禎吉)
「合名会社文林堂」設立(代表社員 二代目 丹邉總次郎 熊本中学卒初代肥後考古学会会長 [ 論文:豊野町 浄水寺碑の研究 ] )
昭和34年(1959) 3月 二代目丹邉總次郎死去
昭和34年(1959) 三代:
丹邉恭平
4月2日「有限会社文林堂本店」設立(代表取締役 丹邉恭平 横浜高商卒)
昭和48年(1973) 10月 岩田屋伊勢丹デパート開店により支店を出店
文林堂美術研究所設立(平林武良、乙葉統、他)
海老原喜之助画伯の呼びかけによりアマチュア絵画連盟設立
アマチュア絵画連盟会長に就任
臨川会(水墨画研究会)主宰
昭和52年(1977) 11月3日 「文林堂」創業100周年
昭和59年(1984) 11月 新館工事落成
第二回 国民文化祭事務局長に就任
平成10年(1998) 1月 代表取締役 丹邉恭平 死去
 〃 四代:
丹邉孝子
長女 丹邉孝子(草月流 熊本支部 前役員)代表取締役に就任
 〃 9月 本館老朽化による改築工事落成
平成13年(2001) 8月 熊本岩田屋撤退のため、岩田屋の文林堂支店閉店
平成19年(2007) 11月3日 「文林堂」創業130周年
平成21年(2009) 4月2日 「有限会社文林堂本店」創立50周年
平成29年(2017) 11月3日「文林堂」創業140周年

文林堂


文林堂の歩み (2013年JAWA-SHOWパンフレットより)


明治時代 寄付金 消失 丹邉總次郎 熊本市 税金


明治時代の寄付金は何処へ? (1978年12月31日 熊本日日新聞より)


     徳冨蘆花 小説「富士」第三巻53頁 (国立国会図書館デジタルコレクションより)

 


白いタヌキ像について

たぬき タヌキ 狸 船場 洗馬 像